RSS | ATOM | SEARCH
■平成17年式 レクサス IS250 バージョンS サンルーフ
レクサス IS250 バージョンS

トヨタの高級ブランドレクサス。

ちょっと敷居が高いような気もしますが、

これだけのクオリティと装備内容を考えると、

けっこうリーズナブルかも知れません。
シャープな表情が特徴の IS250
レクサス・ファミリーの中でも、特に精悍な印象のIS。
未だに人気のスポーツセダン、アルテッツアの後継モデルと言われていますが、ISは後継というよりは、アルテッツアの運動神経にプレミアムなクオリティをプラスして進化させた印象です。
各部の造り込みや精度を、コスト度外視で仕上げた様は、一見するだけで納得できる仕上がりです。

フルカバーされたエンジンルーム
その自信の表れのひとつが、エンジンルームにも見て取れます。
フルカバーされたエンジンは、煩雑なホース類の存在すら見えず、日常のメンテナンスは不要、とでも言いたげです。それがまた自信の表れなんでしょう。

スエード調のハイクオリティシート
今回入庫のバージョンSは、スポーツグレードということもあって、しっかり体をグリップするスエード調のシートです。
ブラックレザーは高級感では勝るかも知れません、が、このスエード調シートは、カジュアルなセンスを感じさせてくれるだけでなく、さすがはレクサス、という仕立ての良さが、逆に高級感を感じさせてくれます。


アルミ製パドルシフト付のハンドルも、他のスタンダード・トヨタにはない質感です。


純正のマルチは30GBのHDDで、高詳細なナビ、TV、ミュージックキャッチャー、DVD再生といった、外品並の機能を備えています。




そして、レクサスのプライドが、このスピーカー。
フロントドアには、ウーファー・スコーカー・トゥイーターの3個のスピーカーがビルトインされています。専用の音質補正が施されたこれらのスピーカーは、やはり、耳あたりのいい、ハイコントラストな音を奏でてくれます。


後ろ姿もよく見かけるようになりましたが、いかにもレクサス!のスタイルは継承しながら、よりスポーティな佇まい。
ルーフアンテナも、レクサスならではのこだわりのデザインです。

走行22000辧▲錺鵐ーナー、サンルーフ装備。
サラッと嫌みなく、センス良く乗りこなすには最高の選択です!



author:paragon3, category:オススメ入庫情報, 20:11
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://cars.paragon.jp/trackback/1245731